園芸

雑草のない庭は見ていて爽快|草取りで保たれる庭にご満悦

住まいに緑を取り入れる

芝生

住まいに緑を取り入れるには、庭に木を植えたり、草花を植えたりしますが、そのままでは荒れていってしまいます。庭の手入れが必要になります。まず庭の手入れの基本は雑草の処理ではないでしょうか。雑草が成長して根が広がってしまったり、種がこぼれてしまう前に抜き取るようにしてしまえば、後々の手入れが楽になります。また、定期的に処理を行えばよりきれいな状態をキープできます。そして、庭木の手入れです。木は種類によって剪定の時期があるので庭木の手入れの仕方が載っている本を一冊持っていると便利です。庭木は高木は高所作業になるのでプロに任せた方が良いでしょう。低木は自分で手入れすればその分節約できます。自分で剪定する場合、時々離れた場所から見て形を確認しながら切ると失敗を防ぐことができます。

庭の手入れは一度やったら終わりではありません。特に定期的に草取りをすることは重要で、草が生い茂ると害虫が発生してしまい、庭木や草花にも影響が出てきてしまいます。ですが手入れをするのは結構大変です。工夫をして緑を楽しみましょう。雑草対策には除草剤を使う方法があります。粒剤や液剤を撒くだけで簡単です。伸びすぎてしまう前に除草剤を使用すれば見た目も汚くならず雑草の後片付けも必要ないです。もう一つ雑草対策の工夫で、防草シートを使う方法があります。黒色の防草シート敷くことで雑草が生えてこないようにしてしまいます。数年は手入れが不要になります。また、芝を植えてしまえば見た目も良く雑草も生えにくくなり庭の手入れが楽になります。

Copyright© 2016 雑草のない庭は見ていて爽快|草取りで保たれる庭にご満悦 All Rights Reserved.